静かなにらみ合い

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨晩息子はなかなか寝なかった。まぁ保育園で外遊びしていないからだろうとは思うのだが、ようやく寝付いたのが22時を過ぎており、朝はぐだぐだ。起きろ、着替えろと言っても動く気配無し。
 私が終日家にいる日である事もあって、「じゃあいつまでも寝てれば?」と言って家族3人は食事。いざ身支度を調えて家を出ようとすると「行かないでー」「ご飯食べるー」と泣きながら訴える息子。仕方がないので、妻と娘を送り出して私は家へ逆戻り。

 イスにどっかと座って息子をじっと見る私。
 たたずんだままこちらを見る息子。

 5分ほどして落ち着かなくなったのか疲れたのか、腕をぶらぶらさせたりテーブルに手を乗せたりいろいろするのだが、どれもすぐにやめる辺り「自分が悪い」という自覚はあるようだ。

 結局にらみ合いは15分ほど。
 私としては「ごめんなさい」か「ご飯を食べさせて下さい」と言ってくれば交渉のテーブルに着こうと思っていたのだが、奥手な息子にはハードルが高かった様子。「何で怒られているんだと思う?」という問いかけから始まって何が悪かったのか、今度からどうするべきかを得々と説明。
 そこから着替えてご飯を食べたので、いつもより1時間遅れの登園となったのだった。

(が、息子は布団のうえでごろごろしていてまだ寝ていない……)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://saku.in/mt/mt-tb.cgi/571

コメントする

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.12